プライベート・ポートフォリオ・ボンドって何ですか?

e-proactive | 金融
4 7月 2009

略称: PPB(プライベート・ポートフォリオ・ボンド)は、ある程度、まとまった資金をお持ちの方が一括でオフショア投資をする場合に使い勝手が良いとされています。

つまり、株や債券やオフショアファンドやMMFなどを一任勘定で行える投資手法になります。

相続時も個別に手続きする必要がなく、すべてひとまとめに管理・手続き可能になります。

また、売買時も投資家の名前で行うのでなく、各PPBのプロバイダー名義で行いますので

例えば、日本の株に投資しても個人名は絶対に出ません。

ただし、売り買いの度に手数料もかかるので、頻繁に売り買いする方はコスト高になりますので十分に検討する必要があります。

大体、日本円で5000万円以上の資産をオフショアで一括管理する場合に適しますが、それ以下ですとパッケージ化された金融商品(Unit-Linked Product)の方がいいかもしれません。

Unit-Linked Productは500万円ぐらいから投資可能です。

次回は、もう少しPPBについて掘り下げていきます。

Leave a Reply