香港プロアクティブ・ブログ


こちらでは、弊社の活動や金融市場での出来事について随時コメントさせていただいております。ご一読ください。

オフショアファンドの格付け(その2)

e-proactive | 日記

オフショアファンドの格付け(その2)

前日のブルンバーグが調査したオフショアファンドの格付けは、
ファンド価格の変動率とファンドの運用成績を総合的に評価したものです。
当然、変動率が低く、更に運用成績が良いものが高い評価とされる格付けとなっております。
つまり、オフショアファンドには、変動率が高いが運用益を出しているものもたくさんあります。
(特にヘッジファンド:詳しくは後日、説明します)
もちろん、変動率が低くて運用成績がおもしくなければ、国債などに投資していた方が一般的に安全で、わざわざ、リスクをとる必要がないと思います。
今回、このブルンバーグが調査したオフショアファンドの格付けで、
一位から四位までを独占したオフショアファンドを皆様は、ご存知でしょうか?
それが、ドミニオン X ファンド
(私も無論、投資しているオフショアファンドです)
この時期に大きく下がることのないオフショアファンドの実力は本物です。
詳しくは・・・ 後日

オフショアファンドの格付け

e-proactive | 日記

オフショアファンドの格付け

金融機関の格付けのようにオフショアファンドにも格付けがある事をご存知ですか?
はい、モーニングスターやブルンバークなどがオフショアファンドの格付けを行っています。
DominantPerformance.pdf
Bloomberg_Top_100.pdf
DX_Morning_Star_(JAP).pdf
こんなにあるの?オフショアファンドの株は星の数ほどあります。
正直、運用されているのかわからないいい加減なファンドありますので、
御注意ください。
当然、そのオフショアファンドが設立された場所を確認する必要があります。
特に私も訪問した事がある、ガンジ島は金融監督庁の監視がしっかりしていて
いい加減なファンドはないとされている。
次回は、そのガンジー島(オフショアエリアの1つ)について記述します。

オフショアファンドのなぞ?

e-proactive | 日記

オフショアファンドの売却益は日本でも非課税なのか?

その答えは、日本居住者である以上はオフショアで運用して得た売却益(キャピタルゲイン)や配当収入(インカムゲイン)は確定申告しなければなりません。
もちろん、その金額が年間で20万円以下ですと省略できます。
この日本居住者認定は少しややこしいので、また、後日、説明します。
また、日本にある資産を海外で出した事が分かれば、今後、資産が運用されているかに
ついて質問を受ける可能性があります。(日本からの海外送金の場合)
既に何らかの方法で海外に資産がある方は・・・・
正直、今のシステムでは追跡は難しいように思います。
(誤解がないように言いますと、ハンドキャリーで100万円以上、海外に持ってくるときは
申告が必要です)
また、その他、今年中であれば可能な海外資産移動法もあります。
これは現時点では追跡不可能だと思いますが、
数千万単位でなければ、あまり意味をなさないように思います。
面談の上であれば、本件については具体的に説明できますが、
お話しするにあたり、いろいろと質問もさせて頂きます。
また、参考までに
日本と租税条約を交わしているオフショア

国際的な経済活動から生じる2重課税と脱税の問題を解消するために、主権国家間で締結される条約を租税条約といいます。
現在、2008年4月時点で日本は56か国と租税条約を締結しています。
アイルランド/アメリカ合衆国/イスラエル/イタリア/インド/インドネシア/イギリス/ベトナム/エジプト
オーストラリア/オーストリア/オランダ/カナダ/韓国/ザンビア/シンガポール/スイス/スウェーデン
スペイン/スリランカ/タイ/中国/チェコ共和国/スロヴァキア共和国/デンマークドイツ/トルコ
ニュージーランド/ノルウェー/パキスタン/ハンガリー/バングラデシュ/フィジー/フィリピン/フィンランドブラジル/フランス/ブルガリア/ベルギー/ポーランド/マレーシア/南アフリカ/メキシコ/ルーマニア
ルクセンブルク/ロシア連邦/キルギス共和国/グルジア共和国/タジキスタン共和国
ウズベキスタン共和国/トルクメニスタン/ウクライナ/アルメニア共和国/ベラルーシ共和国
モルドヴァ共和国/アゼルバイジャン
香港と並ぶアジアのオフショアといわれているシンガポールも租税条約締結国です。
スイス、ルクセンブルグも同様。

無料PDF資料プレゼント実施中

e-proactive | 日記

無料PDF資料プレゼント実施中

弊社のHPからメルマガ登録して頂ければ、返信されてくるメールの中に
PDFをダウンロードできる箇所があります。
オフショアファンドに関する内容を110ページですので、ぜひ、ご覧ください。
書籍なみのボリュームですが、初版は特別に無料提供しておりますが、
来年以降の進化版は有料化を検討しております。
また、このPDFをご覧になって香港で口座開設や投資を希望される方は2008年中であれば、
特別に各サービス料を20% OFFとさせて頂きます。
ぜひ、この機会にPDFをダウンロードして、御拝読ください!

オフショアファンドの申し込み方法 (その1)

e-proactive | 日記

オフショアファンドの申し込み方法

通常、日本の金融監督庁に登録されていない訳ですので、日本国内での営業行為は制限されております。
つまり、契約書やパスポートコピーその他住所証明は直接、オフショア投資ファンド会社へ郵送して頂きますが、各書類の英語化と報告書をつける必要があるので、弊社のようなIFAを通じて申し込みが行われます。
ただし、ご注意頂きたいのは、如何なる場合も投資資金は直接、オフショア投資ファンド会社の指定する金融機関への送金となります。
また、オフショアファンドの場合、証券保管銀行で資金を管理している仕組みを持ったものを選択する事が望ましいと思います。
理由は、万が一、オフショア投資ファンド会社が破綻しても投資家の資金は安全に管理されております。または信託(トラスト)になっているものを選択する事をお勧めします。
また、オフショアファンドではないですが、小生が取り扱う香港(現地の保険会社)のAIA HKはAIGグループでありますが、契約者の資産は特別勘定で分別管理されていますので安心です。
いろいろと取り付け騒ぎもあったようですが、香港政府もAIA HKの強固な健全性をアナウンスしていますし、今まで通りに運営されていきます。
もちろん、解約金や保険金額も今迄通りで何も変わりませんので、ご契約者は安心してください。
また、AIGエジソンやAIGスターのような見売りはないと断言しております。
(日本はAIGアリコジャパンが、今後、もめそうですね・・)
利益が出ている会社ですが、本国への依存度が高いので、買い手が今のところいないようです。
画期的な保険商品を出して日本の保険部門を引っ張っていましたが、今後は、
どうなるのでしょうか?

オフショアファンドの申し込み方法 (その2)

e-proactive | 日記

オフショアファンドの申し込み方法

オフショアファンドへの投資は日本の銀行から送金できますが、
注意が必要です。
本当に驚きなのですが、海外送金に不慣れな銀行員が日本には多いこと多いこと。
(びっくりします)
確かにオフショアの聞いたことのない銀行などへの送金は各銀行も確認項目が多いのは分かりますが、所謂、経験値が低い銀行員が日本には多くて埒があかない事もあります。
海外送金時は申込書を事前に準備して、書き方をIFAから聴いて送金した方が良いと思います。
私のクライアントでも銀行(特に地方銀行)で3時間余り待たされた・・・経験もあります。
(たかが、海外送金・・・ されど、海外送金)
これが、一番の鬼門ですね!

オフショアファンドの申し込み方法(その3)

e-proactive | 日記

オフショアファンドの申し込み方法

当たり前の話ですが、申込書は英語が基本になります。
ただ、通常は、お名前・生年月日・登録住所・連絡先(電話やメールアドレス)・職業・投資目的そして通信先住所及び投資金額や署名をすれば完了ですので、申込みは簡単です。
ただ、記載が間違った場合は署名とおなじもにを修正箇所に書く必要があります。
また、その他、添付資料として、一般的には
1 )  パスポートのコピー
2 )   住所証明書類 (運転免許証:有効期限から6か月以上、余裕のあるもの)
(クレジットカードの請求書で発効日から3か月以内のもの)
(その他、銀行ステートメント)
3 )    海外送金依頼票(送金後の原本)
ただし、オフショア金融機関により、必要書類の基準が異なりますので確認が必要です。

オフショアとオンショア

オフショアとオンショア

e-proactive | 日記

オフショアファンドの分類について

e-proactive | 日記

オフショアファンドの分類について

オフショアファンド (Offshore Funds)

オフショアファンドは、オフショア(=タックスヘイブン)で登録・運営されるファンドを指すのが一般的です。
ファンドの設立・運営には、通常、ファンドライセンスが必要になり、このライセンスを取得せずにファンドビジネスを行うと違法となります。
いわゆる「詐欺」とみなされるわけです。
登録する国の法律によって異なりますが、一般的に、オフショアファンドは下記の3つに分類されます。
(1) プライベートファンド (Private Mutual Fund)
投資家50~100人以下の、いわゆる私募ファンドです。
知り合い同士でお金を出しあって、大きな投資をしようとする場合にはこのタイプになります。
小規模なプライベートファンドもファンドライセンス取得を必要としますが、ライセンスを取得しなくてもプライベートファンドを運営する方法があります。
(2) プロフェッショナルファンド (Professional Mutual Fund)
プライベートファンドの上位版。1人当たりの投資金額が100,000~1,000,000 USD (約1,000万~1億円)以上になる場合は、プロフェッショナルファンドライセンスを選択できます。
これは、投資経験があり投資規模も大きい人向けのライセンスであり、ライセンス取得プロセスが簡略化されます。
ただ、ライセンス不要プライベートファンドの裏技を使えば事足ります。
(3) パブリックファンド (Public Mutual Fund)
いわゆる公募型ファンドがこれに当たります。
広く浅く不特定の人から投資を集め、大規模なファンド形成を目指す場合は、このパブリックファンドのライセンスが必要です。
このライセンスを取得するには、いくつか条件が付く場合がほとんどです。例えば以下のような具合。
・担保金(ライセンス取得にあたり保証金を納める必要があるかも知れません)
・投資経験(銀行などでの投資業務に関する実務経験を証明する必要があるかも知れません)
・投資事業計画(詳しい投資プランを事前に説明する必要があるかも知れません)
・現地事務所(ライセンス登録国に事務所を構える必要があるかも知れません)
・ファンドマネージャーの現地居住(ライセンス登録国に居住する必要があるかも知れません)
公募型ファンドは、集めるお金が巨大になり、運用を間違えば投資した人だけでなく株式市場や為替市場に影響を及ぼす可能性があるため、取得のためのハードルが高いのが特徴です。
上記に紹介したファンド不要の裏技も、パブリックファンドでは使えません。
ライセンス取得のコスト

ファンド設立を目指す人が気になるポイントとして、「ライセンスの取得にどれくらいのコストがかかるのか?」というのがあると思います。
具体的な金額の公表はしませんが、目安として「100万円以上」と考えて下さい。
自分自身や信頼できる仲間との資産保全の為のファンド設立は有効な手段の1つのなります!
お問い合わせ:
fuku@e-proactive.com.hk

なぜ、オフショアファンド?

なぜ、オフショアファンド?

e-proactive | 日記

なぜ、オフショアファンド?

その答えは・・・・
オフショアファンドと国内ファンドの違いにあります!
以下の資料をじっくり見てください。。。
そして、どちらが得なのか?よく考えてください!

日本国内から同じ外国籍のファンドへ投資する場合、
1 ) 日本の金融機関が中間マージンを取っている分・・・・・・・・・・あなたの利益は減ります!
2) 売却益に対する税金を日本政府に納めなければいけません・・あなたの利益は減ります!
ただし、日本居住者がオフショアファンドに投資して得た売却益は日本国内で確定申告しなければなりません。
日本非居住者は、その限りではありません。
ここに様々なノウハウがありますが・・・・詳しくは・・・・・・・・
お問い合わせ:
fuku@e-proactive.com.hk